すとんと刺さる

ゆるいおたくのよしなしごと

1ヶ月

いよいよ平成の終わりも近付いてきました。

平成最後の観劇予定は薄ミュで、私はそれが楽しみすぎて毎晩「か・ざ・は・な!」と歌う日々を過ごしてますが(またはヤイサ)、それ以外にも予約してた円盤が届いたり、届く予定もあったり、西の地からトーキョーを睨みハンカチ噛んだり、またはチケット申し込んだり予約したり当選したり落選したり、その合間に労働したり、なんだか忙しいです。

年末にさんざん騒いだリンカネのDVDも4月末に届く予定です。今回初めて、公演時にすでに発売が決定していたDVDなので、もしかしたらバクステだって見れてしまうかもしれない…いや、でもどうかな……バクステはともかく、オーディオコメンタリーが入るということでそれも楽しみです。オーコメ大好き。すべての作品に副音声で入ったらいいと思うくらい好き。なので刀映画も(ビジュアルコメンタリーだけど)ものすごく楽しみにしています。

しかし積み円盤が増えてきました。すごーく楽しみにしていて手元に届いたのもすごーく嬉しいのに、すぐに観ないで大事にとっておいてしまうの、あれなんなんだろうね?

 

そんな中ではありますが、推しくんの本を時間をかけてゆっくりじっくり読んでいます。厚さ2.8センチと書いたけど、厚みや重さを減らすために極力薄い紙にしたんだろうなこれ…写真がたくさん載ってる本にありがちな硬い紙じゃなく、ページをめくりやすい柔らかめの紙。

9年間って短いようでやっぱり長い。9年の間には、ぽつりぽつりと私の知ってる出来事もあって、それを挟んでたくさんの知らない出来事がある。そして、当時これ見たなあとか、こんなことあったのかーとか思いながら、今現在の私はその全部を取り零さないように1日ずつ追っている。9年前どころか去年の今時点の私も、平成の終わりにこんなに彼を好きになってるとは考えもしなかったなあ…ありがたいような不思議なような、面白い感覚。なんにせよ楽しく過ごせて良かったね、私!

その時の舞台やその他お仕事について全部書いてあって、改めて、色々やってるなあと思います。2.5作品が後半になるにつれ増えたのは、彼の仕事の傾向というより舞台全般に増えたということなんだろうな。

そして顔は全然変わらない。子どもみたいに笑うなーと、2010年と今と同じ笑顔に心の中で手を合わせています。この笑顔のある世界にありがとうを言おう…

そんな、平成最後の1ヶ月。

 

平成最後の観劇は薄ミュですが、令和最初の観劇はPSYCHO-PASSです。アニメ見ておかなきゃ難しいかな。

 

つれづれなる

舞台上で推しが死ぬ姿を見たことがある人、少なくないと思うんですが、私自身は、推します!と思ってからはまだ見たことがありません。でもそれ以前の舞台では何度か、去年だけでも2回見ました。1回はifストーリー的な設定ではあったけど。

舞台の上での死って、よほどの犬死にでもない限りそのキャラクターの見せ場でもあるし、だいたいの場合カテコで元気に挨拶してくれるので、安心して楽しめてしまいます。彼の痛い演技や死ぬ演技が好きです。というと語弊があるけど、前回にも書いた必死な声、切な声が好きの延長なのだと思う。役者仲間にさえ声でけぇと言われる彼の、振り絞った声(という演技)には特別感がある気がする。でも「天下無敵の忍び道」の勢いのある死も好きだよ…あれは誰より演じる彼が楽しそう。

ともかく、そういう演技をすごく上手いなーと思ってるので去年の2回はいいもの見たくらいの気持ちだったんですが、来月の舞台で推しを推しと認識して初めて彼が死ぬ姿を目の当たりにすることになりそうで、それはちょっとドキドキしています。去年の同じ頃、山崎さんを抱きかかえた土方さんの口が「やまざき」と動いたのをオペラで見てわっと泣いてしまったので、来月もオペラグラスは忘れないようにしよう。

 

こうして来月の舞台を楽しみにしてる反面、刀ステの新キャストが発表されて鬱々とした気持ちにもなっています。

なにあれ。

なにあれ。

もういろんなところでいろんな人が言ってるから言わないけど、でもなにあれ!!

私はもちろん兵庫公演に狙いを定めて毎日毎夜1000回の素振り(概念)を欠かさずすることにしましたが、神さまにも祈ってます。チケット取れますように!!

あと神戸アイアとやらの座席数がオリエンタル劇場時代より増えますように…でも椅子はオリエンタルのそのままでいい…でも増えて…あと座席表示は普通に前からA〜にしてね…

 

椎名さんの本が出ました。

B5変形版厚さ2.8センチ(私調べ)の立派な本です。9年間のブログ記事が全部じゃないけど収録されていて、仲間の俳優さんたちの写真なども一緒に載っています。たくさん。

9年間、彼はたくさんの仕事をしてきて、たくさんの人と出会ってる。私が触れられたのはその中のごく一部だけれど、今現在の彼を作っているのはその積み重ねた年月でもあるのだから、それは決して私の知らない9年間ではないんだなあ。と、思いながら大事にページをめくっています。当然彼の周辺に限ったことですが、時代の変化というか2.5舞台界隈(というか若手俳優、私たちが応援する俳優たちの界隈)の変化も見れるようで、その意味でもすごく面白いです。

買って!!!ね!!!!!(力いっぱいのダイレクトマーケティング

 

リターンオブ

毎年この時期になると鼻水が止まらなくて喉も痛くなります。季節の変わり目に風邪は付きものですよねと自分に言い聞かせて数年。もしかしてこれは花粉症なのでは…?と、ふいに気付きを得たので、とりあえず市販薬を飲んで観劇に臨みました。

舞台「K Return Of Kings

Kステを観るのはシリーズ1作目以来。キャストのほとんどが変わり、また内容もアニメ2期からということで、初めて観るのと同じ気持ちです。

予習のために原作のアニメを初めてきちんと観ました。何がなんだかわからないものはわからないものとして、キャラクターとその人間関係はすごくいいなあと思いました。

 

以下、演出のネタバレなど含む感想です。

 

白い板がすごい。アンサンブルのみなさんが動かすパネルも使ったプロジェクションマッピングがとにかくすごかったです。背景だけじゃなく効果にもなったりして。観劇デビューから長らく西田さん(だいすけのほう)とか西田さん(シャのつくほう)に親しんできたので映像を多用する舞台にはいまいち慣れないんですが、すごく凝っていたのでただただ感心でした。綺麗だった。画面酔いのようなものを感じるときもあったけど、でもそういうアトラクションの中にいるようで楽しかったです。照明の使われ方も印象的でとても良かった。

アンサンブルの方々が本当に大活躍で、この板を動かしたり、セプター4になったり吠舞羅になったりJungleのランカーになったり、8人しかいないのにその倍はいるようなお仕事っぷりでした。

そういう映像での演出部分も含め、ストーリーはアニメをものすごく忠実に立体化してるなあという印象。忠実な分、これだけ見てもわかるという作品ではなかったかも。出てない人の名前もバンバン出てくるし…写真や回想イメージは、個人的には唐突に感じてしまったけど、これはKステファンへのボーナスかなー。

確か1作目もここで!?という終わり方をしてましたが、今回もまた同じように途中で終わってしまいました。尺を考えるとまあそうなるよね。

全体的に、既存のファンへ向けて作られた作品だと感じました。メインキャラのキャス変に伴い、初めて観るひと向けに説明台詞を増やしたりこれまでを振り返る場面を入れる案は当然あったでしょうに、そうしなかったのは、これは前作から繋がってきている作品だよという意思表示なのかも。前作が本当に大変だったことは私でも知っていて、佐々木のヒデくんが元気に刀を振り回してる姿にじんわり来たくらいだから、当時を見守っていた方ならなおさらでしょう。そういう人たちに向けて、帰ってきたよという作品にしたのなら、それはそれでいいのだと思う。

改めて、続けることの難しさについて考えさせられます。続くことと変わることは切り離せないのかな。難しいんだろうな。

でも変わってしまったものを惜しむことと、変わったものを楽しむことは、同時にできることだとも思うのです。

 

初めて見る役者さんも多かったのですが、特にスクナ役とまんくんとアンナ役桑江さんにびっくりでした。とまんくんはごはんちゃんと食べてるのか心配になる細さで、あの華奢さは本当に少年(ローティーン寄り)に見える。すごい。お芝居も小生意気さと可愛げが仲良く同居していてとても良かったです。桑江さんは小さい!かわいい!あの小柄な体型は貴重だわ、と何目線かわからない感想を抱いてしまいました。小柄だけど動ける人なんだろうなあ、他の役でも観てみたいです。

八田ちゃんと伏見は元気良かった。美咲は常に台詞のフォント1.5倍な感じで大好きだし、猿比古も元気よくダレてる(?)っていうか…漫画みたいにポカスカ喧嘩しそうな2人っていうか…

美咲の武器の扱いはさすがでした。重そうなもの(に見える演技をしつつ)を重くなさそうに振り回す(という演技をしてる)の最高。あと私は彼の必死な声が大好きなので、今作でも聞けて嬉しいです。*1

白米党の3人はすごく可愛かったです。ネコがあれだけ際どい服を着てくっついていくのに、全然恋愛を感じない関係なのとても好き。クロシロネコがほぼ横並びの身長なのもまた可愛い。ネコちゃん可愛かったなー。すぐ横を通り過ぎたとき、バニラの香りがしました。それとシロの声がすごくいい。

御芍神は圧倒的だった。とても強くてとても美しい。つくづく替えのきかないとびきりの個性を持つ人だと思いました。 Jungleのバランスもとっても良かったです。

あとは室長スタイルお化けとかデカ子が好きとかいろいろあるけど、やっぱり佐々木さんに帰結してしまうな…千秋楽のカテコで紫の決め台詞を言ってくれて、ものすごく応援してきたわけでもないのに、彼の姿がまた舞台で見られて嬉しいと心から思いました。

そして公演が始まるまでに何度も「大切に演じたい」と言っていた推しくんが、引き継いだ役を最後まで何事もなく演じきってくれて良かった。

 

千秋楽の翌日からはもう次の薄ミュの稽古ですって。忙しい!これもまた繋がれてきた物語です。そしてその次には自分たちで繋いできた最遊記がある。

2.5舞台ならではの、変化と変わらないものを見られる幸運を、楽しみたいです。

 

*1:和泉さんが切なボイスと仰っていて、わかるー!という気持ち

それは私に向けてではない

昨日、はてブロさんからブログ開設して半年だよーという連絡が届きました。やったね!私!

書きたいことがあったときだけ書くというゆるさですが、お付き合いくださってありがとうございます。スター付けていただくたびに跳んで喜んでいます。

お題など募集してみたい気持ちもありますが(以前に流行ったらしい人様の推しについて語るというのに参加してみたかった)、お題でも応援でも感想その他いろいろでも、なにかありましたらマシュマロとかなんでもご利用いただけたら嬉しいです。

 

ブログに舞台の感想など書くようになって、批評と感想、ラブレターと悪口についてときどき考えます。

私は舞台を鑑賞するプロではないし、深い知識があるわけでもないので書いている文章はただの感想にしかなりません。ときどき感情がほとばしり過ぎて夜中に書いた手紙のようになってることがあっても、それ以上でも以下でもない。

興味を持ってくれたら嬉しいなーという、あわよくばな気持ちのときもあるけど、宣伝と言えるほどの冷静さはだいたいないし…

そういう単なる感想ではありますが、「not for me」の精神は常に当然のものとして持っていたい。と、思っています。

私が書けるのは感想で批評ではないので、批判はともするとただの悪口になってしまう。批判と悪口の違いは、公正な視線であるか否かだと思います。運営のされ方とか衣装とか、そういう誰の目にもはっきり見えるものへは批判できても、物語については、少なくとも私には、好きか嫌いか、自分が楽しめたかそうでないかでしか語ることができないと思う。

そして嫌いだった、楽しめなかったとき、私はその作品は自分向けじゃなかったのだと諦められるようでいたい。「私向けじゃない」作品なんてたくさんあって、それは好きな役者がいようと変わらなかったりして、そういうときは本当に、ものすごく残念です。だからって、その作品を怒ったり馬鹿にするのは、それで気が晴れるという人以外にはなんのいい結果ももたらさないと思うのです。私向けじゃない作品だから駄作かというと、そんなわけはもちろんないのだから。まあ、楽しみにしてた作品が合わなかったらすごく悲しくなるけど。それはそうに決まってるけど。

それでも「not for me」と言い聞かせたら、なら仕方ないとちょっと上を向ける気がします。上というか、次に向く。

もちろん、楽しめるのが一番なんだけどね。

 

次の観劇は再来週です。まだ少し先。楽しいといいなあ!

たぶんきっと楽しいと思います。

 

はじめての接触ダン

行ってきました個人イベント。1日だけですが、1部2部とも参加できて本当に良かったです。すっごく楽しかった!

今月は悲伝リリイベと鯛フェス、素の状態の彼をじかに見る機会が2回もあってひどく贅沢をした気分。舞台をみたときとはまた違う充足感で、しみじみと、私は彼のファンなんだなあと思いました。

そういうわけで、はじめての接触も終わりました。ダン。Done.

なんかもう大変でした。心が。結論を言うと、全然だめです!

1回戦。わあ〜〜とまじまじと顔を眺めてしまって、自分からは言葉を発せず。

2回戦。ペッパーくん並みの棒読みで「今日は一日とても楽しかったです」と言えました。作文か。

改めて書いてみるとほんとだめだな!!だけどこの数日で一人反省会は済ませたので、今はとにかく楽しかったなーという気持ちだけ残っています。思い出してはうわっと自分にどん引くけど、過ぎたことを言っても仕方ないので次に活かそうね。

ちなみにメイクはいつもより気持ちきらっとさせて、服はパンツとスウェットのどカジュアルでした。

イベントはお客さんからの質問に答えるコーナー、チェキ権がもらえるゲーム、そしてメインがエチュードという構成でした。チェキはもちろん当たらなかったけど、写真に関してはメンタル明治時代なので*1、それで良かったのだと思います。

さてエチュード。これがとっても面白かった!

あるキーワードを一方(と観客)だけが知った状態でエチュードを始め、もう一方にそれを言わせるようリードする。相手がキーワードに気付いて言ったら終了という形。前回はシチュエーションもお題に含まれていたけど、今回はシチュは自由でその代わりエチュード中にSEが入るようになっていました。手慣れた沖野さんと初心者中尾くんというゲストのバランスもあってか、思いもよらないほうへ向かっていくので、そのたび観客席からも「えー」とか「あぁ!」とか声が上がったり。それにしてもプロの役者の対応力や反応の速さはすごい。推しくんが答えに気付いたときには、ピコンと頭のランプが点灯するのが見える気がしました。即座に演技に反映させる。

特に好きだったのはキーワード「ごはんですよー」のとき。仕掛けるのは中尾くん一人で、受け手が椎名さんと沖野さん。椎名さんはわりと早い段階で気付いたようで「今日は俺作るわ」とキッチンに立つ、という演技をしていました。ただし中尾くんは台詞というより商品名として受け止めてた?のかな??なかなか噛み合わなかったのだけど。

あと「焼きそばパン売り切れてた」というキーワードでバイクのエンジン音のSEが入ったとき、「東高の奴らだ!」「カチコミに来やがった!(←推しくん)」と騒然としたのが個人的に面白かったです。カチコミて。

刀ステ虚伝の初演か再演かも忘れてしまったんですが、誰かが舞台上に落としてそのままになってしまった刀かなにかを、その後出てきた不動くんがごく自然な動作(ちぇーっと地面を蹴るような)で舞台袖にはけさせたのを見たことがあります。そのときの私はさすがーとちょっと感心しただけでしたが、観てる側が想像する以上に、板の上の彼らは常に、どうとでも動けるよう神経を研ぎ澄ませてるんだろうなあ。

握手会まで終えたあとの最後の挨拶がとっても素敵でした。

握手してるときのみなさんとっても良い笑顔でしたよ。その笑顔があれば、嫌なことや辛い目にも合わないと思う。だから笑顔でいてもらえるよう自分は頑張るし、みんなも仕事や学校頑張って。たとえ一瞬のことでも、せっかく応援してくれたんだからそれを後悔させないような役者でいたいです。

すでに記憶もあやふやですが、こんなふうなことを仰っていました。

個人としてはもうひどい有様ではあったんだけど、来て良かったと心から思ったし、また何度でも参加したいと思いました。

私が彼のファンであることは私のため以外の何ものでもなく、彼のためにしていることはなんにもないのだけど、それでもこうして目に見えるファンが彼にとって励みのひとつになるなら、私たち、もしやウィンウィンの関係なのでは…?

まあウィンウィンでもなんでも、彼についていったらきっとたくさん楽しいことがあるんだろうって信じています。その思いを新たにしたイベントでした。

 

しかし前回の記事で書いた、せめて人の言葉を話したいという目標は達成できてない気がするよ…なにせペッパーくんですし……

励ましやアドバイス、その他なんでもありましたら!

mmmにマシュマロを投げる | マシュマロ

あ、あと3月20日に椎名さんの本が発売されます!!約8年間、ここ5年くらいは毎日書いていたブログの書籍化です。待望の!書籍化!!

よろしくお願いします!!

 

*1:いつも魂抜けた顔で写ってる

はじめての接触アゲイン

週末に個人イベントがあるのです。前回は握手会なんて初めてどうしよ〜というそわそわがただの勇み足で終わったけれど(チケット取れなくて…)、今度はちゃんとチケット持ってます。昨日発券してきたし。なので改めて、どうしよ〜とそわそわしています。アゲイン。

今までいちばん近くに寄ったのは、お見送りがあったとき。

そこそこ狭い通路の壁際に出演者の方々が並び、その前を会場から出た観客が通り過ぎて最後(推しくんだ!)まで行ったらまたUターンしてそのフロアから脱出するという形でした。推しくん1メートル圏内にいた。

なんですが、私のチェック不足で当日知ったことだったので心の準備も何もなく、緊張しすぎて彼の前を通り過ぎるより先に引き返してしまったという、今となっては反省しきりの思い出です。といってもそのときは、顔小さい!とか肌ぴかぴか!とか髪さらさら!とか、テンション高く楽しかったんだけど。せめてお礼をきちんと伝えるべきでした。でもお見送りって声をかけてもいいもの?ありがとうくらいは言って大丈夫?次があるなら「お見送り され方」で検索してから挑みたい。それにしてもほんとに顔小さかった。

で、今はあるかわからないお見送りより、もう決まってる握手です。

せめて人の言葉で接したいのでイメトレはもうずっとしてるのですが、その他大事なことってなんだろう。服選び?メイク?

服は自分の気に入ってるのを着ていきます。メイクはそもそも下手なので無茶はしない。関係ない話ですが、アイライン下手くそすぎる選手権があったら7位入賞できそうなくらい下手なのでいつもぼんやりした顔をしています。あとは…なんだろう。握手したとき推しくんが冷てっとならないように待ってる間グッパーしておいたらいいかな。

本音を言うと、イベントだけ楽しんで遠くからありがとーと手を振る程度が自分にはちょうどいいなーと思っています。でも握手会がついてくるっていうならそりゃやっぱり参加したいじゃん!というミーハー心も捨てきれず、だからどうしよどうしよと言いながらこうして悩んでるんだけど。

はじめてがたくさんあって大変だなー困るなー!というのはきっと嬉しい悩み。

とりあえず、目も当てられないという結果にだけはならないよう、せめて心を落ち着けていこうと思います。挨拶とお礼が言えたらもうそれでいい…あ、手紙も書いていこうね。

 

世界のはじまり

映画観たり刀ステのリリイベ行ったり映画観たりしてますが、今年の観劇初めは1月に済ませていました。

少年社中20周年記念のファイナルは21年目に向けての決意表明のような作品。今年をこの作品から始められて本当に良かったです。

トゥーランドット〜廃墟に眠る少年の夢〜』

以下、ネタバレも含む感想です。

 

実際に観る前から、東京公演を観劇した人たちの感想は見聞きしていたのです。そのだいたいがただ好評というのとはちょっと違う、熱っぽさを感じる語りだったので、どんなものかなと一歩引いた気持ちでいたというのが正直なところでした。なんだけど、観終わったら一歩引くどころか前のめりです。

うわああああーー!!という気持ち。楽しいーーー!!とか。

本当に、演劇を全身に浴びせられた気分でした。

「演劇で世界を変える」というキャッチコピーはまったくそのままで、メッセージというよりもっと直球、ドッヂボールかのごとくこちらを狙って投げ込まれる。喩えとかひねりとかなく向かってくるから、斜に構えて受け止める暇もないというか。相手があんまり素直だとこっちも素直になるしかないみたいな。

とにかく素直に単純に、演劇っていいな、すごく楽しいな、と思いました。

毎度のことですが、今回も衣装が好きです。カラフルで可愛かった!ピカレスクのように衣装の変化がキャラの内面に沿うという仕掛けはないけど、劇団員と政府側とでは質感から違ってることや、生駒ちゃんのマイナーチェンジも含めた衣装替えも、とにかく目が楽しかったです。個人的にはインコの色合いと、「高貴な女」のドレスのシルエットが特に好き。

わりと最初のほう、演劇とはこういうものという説明で、少年社中のこれまでを振り返るシーンですでに感極まって泣いていました。えりさんによる『ネバーランド』冒頭の台詞がもうだめ。生で観たことはないのにそれだけでストーリーが全部蘇ってくるようで、ほんと演劇ってすごいねえ…

ネバーランド』のターンは初演再演の2パターンがあって、そこで前作『機械城奇譚』終演後のトークショーを思い出しました。

初演の『機械城奇譚』で店長役だった小林至さんがゲストでした。小林さんは毛利さんの何代か上の劇研の先輩で、稽古場では「お前らの芝居は覇気のない新感線だ!」と劇団員のみなさんを叱っていたとか*1。その小林さんが、『ネバーランド』についてあれで少年社中の方向が決まったよね、というようなことをお話されていたのです。

みんな大好き、私も大好き『ネバーランド』だけど、社中さんにとっても特別な作品になってるのだろうなあ。みんな大好き靖子にゃんも『ネバーランド』が好きなんだって!

いろんな演出家やその手法に詳しくないからメタの部分は理解できてない部分も多かったと思うんだけど、ちょっと珍しいなって面白かったです。弱虫じゃない!のところでピークスパイダーを観ることができたのが棚ぼた過ぎて(ばばりょ巻ちゃんは円盤でしか知らなかったのです)大感謝でした。

馬場さんを舞台で見るの久々だったんだけど彼がかっこよかったことを思い出せました。そうだ、ばばりょはかっこいいんだった…細くて顔小さくて、舞台では存在感が薄れそうな感じなのに全然そんなことないんだよね。スタイルがいいとしみじみと思う。あとよく動く。 

そして中心の生駒ちゃんと松田くんがとってもいいバランスで、とにかく可愛かったです。はじめましての生駒ちゃんは、さすがアイドルという華やかさとセンター力でとても魅力的でした。声も表情もキラキラだった。端的に言うと、すごく可愛い。ダンスパートが多かったのは彼女が真ん中にいるからなのかなあ?一人で踊るシーンがあったけどそれだけで場が保つパワーがあった。

松田くんは「つむかも」以来。終盤の「演劇をやるために生まれてきたんだ」という台詞に圧倒されてしまいました。こんなびっくりするくらい真っ直ぐで力強い言葉、たとえ台詞であっても、どれだけの俳優が声に出して言うことができるだろう。

あと印象的だった、というかこれはずるい…と思ったのは鈴木さん。かっこいい。上演を知らせる声にはぞくぞくしました。

それと有澤さんは観るたび上手になってるように思います。彼もいい声だよね。

物語のあと、カラスは一体だれと演劇をやってくのだろう。とか、カラフの出生はつまりどういうことだったんだってばよ*2。とか、懸念や疑問はあるのだけど、演劇を浴びたことに関しては間違いなく、良いものを観たという感想です。

 

私にとって演劇との出会いは新しい世界のはじまり。今年もいろんな作品と出会えるといいなあ。

今回は『三人どころじゃない吉三』のDVDをゲットしました。『アマテラス』と迷ったのだけど、刀映画の影響は強かった…そちらの感想もまた書きたいです。

 

*1:すごく笑った

*2:父と母から生まれたんじゃなかったの?