すとんと刺さる

ゆるいおたくのよしなしごと

貫き通せ ーミュージカル『薄桜鬼志譚』風間千景篇

京都劇場では今まで2階席しか行ったことがなかったのですが、今回初めて1階に入りました。私の知ってる景色と全然違った。すごく見やすかったです。京都劇場くん、なんで2階に上がった途端舞台があんなに遠くなるのだろう…

 

「ミュージカル『薄桜鬼志譚』風間千景篇」

私にとって二度目の薄ミュ。去年の土方篇に続き、今回もまた満足度の高い作品でした。いいもの観たなーという気持ちです。面白かった!

以下、ネタバレを含む感想です。

京都公演の頃にはもうほとんど葉桜になっていましたが、それでも桜の名残を感じられるこの季節に観れたことを嬉しく思います。

繰り返しますが、とても面白かったです。新しい振付やアレンジ、謎の木など、ところどころおいどうした!?と思ってしまう点はあったけれど、全体の満足度に比べればそんな刺激も美味しいというもの。ヤイサでいきなり黄色のライトが点滅したときは「おっ」と身構えましたが結果的に楽しかったので、あれもありなんじゃないかなダンサブルヤイサ。

薄ミュでは断然土方さん派ですが、今回は風間が本当にかっこよくて。

鬼の頭領としての矜持や信念は揺らぐことなく、でも千鶴ちゃんとの出会いから、風間千景個人の情や優しさが見え隠れするようになる。その波が一番大きくなったのが仙台城で千鶴の背を押したときだったと思うんだけど、あれはすごく良いシーンですね…この風間さん、鬼の里では頭領として敬われつつ、古くから家に仕える年配の女中さんなんかにいまだに若様呼びされて、でもそれを叱るでもなく仕方ないやつだと口では言いながら許してるに違いない…

千秋楽は配信を観たんですが、風間さんの表情に千鶴ちゃんに対する心の変化が表れていて、舞台はもちろん生で見るべきだけど映像の良さってこういうところだなあと実感した次第です。舞台で見ただけのときよりもちー様に可愛げを感じたよ。

とはいえ土方さんです。池田屋での口上がかっこよすぎて涙が出ました。台詞の江戸弁というのかな、語尾に小さい「ぃ」が付いてあがったようになる言い回しがより板についてきて…もう本当にかっこいい。歌もまた上手になったなーと感心しました。

そういうかっこよさとは別に、山崎くんの話聞いてた!?と思ったけど。

今回の山崎さん、土方篇のようなアクロバットな動きはないし、そもそも組長たちほど強くないので殺陣も精一杯な感じでやってるけど、その分羅刹になってからの蹴りの高さや動きの速さが格段にあがっていてさすがでした。

演じる俳優さんを通してまた浮かび上がるものがあるのは、演劇の楽しみのひとつですが、土方と山崎との場面は普段の2人の関係性があるからより胸に迫ってくるように思います。というより、私がそう感じてしまう。

山崎が首を斬られる直前、土方さんに向けて微笑んだのがあまりにも悲しくて最高に良かったです。*1

風間篇は新選組に対しある程度俯瞰的であるせいか、彼らが滅ぶまでの過程がより鮮明になってるような気がします。滅びの道を突っ走るさまを見せられてるというか。山崎さんから始まって、1人ずつ確実に減っていってしまう。

酒宴の場面があとあとで効いてくるよね…

そのとき、確かに彼らには夢と希望があった。そして笑い合っていた。ならば、たとえどれだけ悲惨な最期を迎えても、その人生は決して不幸なものではなかったのだと思う。

*2

一人になった土方さんのもとに仲間たちが集まって歌うシーン、土方の「死ぬなーー」を銃声でぶつ切る演出はすごく苦しかったし怖かった*3。でもその乱暴な感じ、放り投げられたような感じは新選組の最後としてふさわしいというか、とてもらしいと感じました。

ちー様かっこいいというのとは別に、どうしても新選組に気持ちを寄せてしまう。

そういえば風間篇だから当然なんだけど、平助とのフラグが折れる瞬間が見えたのがなんかちょっと面白かったです。千鶴と平助はクラスメイトみたいで可愛かったなー。

土方さんと千鶴ちゃんの関係もやっぱり違っていて、土方さんは優しいけどそれはたぶん庇護対象への優しさ、義務感からくるもので。言うなればトリッシュに対するブチャラティ(一部にしかわかりやすくない表現)。酔っているとき過去の話がつい出たのは、千鶴ちゃんに刀や戦とは関係のない日常を感じたからなのかなとも思います。

 

カテコで思う存分いちゃいちゃするカップルが可愛かったです。ダブルカテコで土方さんも仲良く出てくるのも、手繋いでくれない芸するのも微笑ましかった。

そういえば20日は椎名さんが挨拶担当で、素敵なことを仰っていました。

土方さんの台詞がとても好きという話から、 自分たちがやっていることも言ってしまえばまがい物だと。でも本物を届けるつもりで信じて演じているし、それによって泣いたり笑ったりするみなさん(観客)の反応はまがい物なんかじゃないと思う。これからも舞台から本物の感動を届けるという気持ちを貫いて頑張りたい。

というようなお話です。心のいいねボタンは83000回押したよ。

座長に指名されて、ここだよーーと手を振りぴょんぴょん跳ねる32歳かわいい。*4

今回もやっぱり見失いがちだったのでオペラグラスで追うのは早々に諦めました。

 

また桜の季節に見れたらいいな。同じ座組で、次は志譚沖田篇が見たいです!!

 

*1:配信では映ってなかった悲しい

*2:後ろでわちゃわちゃしてるシーン、山崎さんは沖田さんに日によってお酒注がれたり逆に酒瓶奪って一気飲みしたりして、毎回おぼつかない足取りで「うぇっ」としながらはけてた

*3:前の風間篇は歌い終えて直後だったはず

*4:黒いからわかりにくいかと思ってと説明したら小さいからじゃなくて?とツッコまれてた